お知らせ

2021年07月15日全て コンパクトSUV『RVR』を一部改良、安全装備を充実

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、

以下三菱自動車)は、コンパクトSUV『RVR』の安全装備を充実させ、全国の系列販売会社を

通じて7月15日(木)から販売を開始します。

車両本体のメーカー希望小売価格は2,143,900~2,744,500円(消費税10%込)です。

1.主な変更点
 
(1)安全装備
「G」及び「BLACK Edition」に、これまでメーカーオプションであった後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト付)[BSW/LCA]、および後退時車両検知警報システム[RCTA]を標準装備化し、安全装備*1を充実させました。
*1: RVRの先進安全装備(全車標準装備)
― 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]*対車両 / 対歩行者
― 誤発進抑制機能(前進時)
― 車線逸脱警報システム[LDW]
― オートマチックハイビーム[AHB]
 (2) エクステリア
パールの白い輝きと金属のような陰影を併せ持つ、三菱自動車独自の高輝度塗装であるホワイトダイヤモンド*2を新たに採用しました。
*2: 有料色77,000円(消費税10%込)
(3)インテリア
「BLACK Edition」に装着されているコンビネーションシートの座面及び背もたれ面のスウェード調素材に撥水機能を追加することで、シートを汚れにくくしました。
フロアコンソールボックス後席側に充電用USBポート(Type-A/C)を追加し、後席乗員がスマートフォン等の電子機器を充電しやすくなりました。
2.メーカー希望小売価格
(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録・届出等に伴う費用は含まれません)
ご参考:『RVR』は取り回しがよく運転しやすいコンパクトボディに、路面状況に合わせて最適な操縦安定性と走破性を実現する電子制御4WDを備えたコンパクトSUVです。約90ヶ国で販売し、三菱自動車では世界で3番目に販売台数の多いSUVのエントリーモデルで、幅広いお客様にお乗りいただいています。
<『RVR』車種サイトはこちら>

ご試乗希望エリアをご選択ください。