お知らせ

2021年08月26日全て 軽商用車『ミニキャブ トラック』を一部改良して安全装備を充実

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽商用車『ミニキャブ トラック』の安全装備を充実させ、全国の系列販売会社を通じて8月26日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は908,600~1,349,700円(消費税10%込)です。

 

ミニキャブ トラック「G」

1.変更のポイント
(1)先進安全装備「e-Assist(運転支援機能)」やアクティブスタビリティコントロール[ASC]の標準装備グレードを拡大し、安全運転をサポート
(2)農業などでお使いいただくお客様に人気の「みのり」に、新しく3A/T車を設定、先進安全装備「e-Assist」や強化リヤサスペンション(4枚リーフスプリング)などを採用し装備を充実
2.主な変更点
(1)安全装備

・上級グレード「G」のみ標準装備としていた先進安全装備「e-Assist」*1を「みのり」に標準装備し安全性を強化、サポカーSワイド の対象としました。

 *1:先進安全装備「e-Assist」
― 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM] ※対車両/対歩行者
― ハイビームアシスト
― 誤発進抑制機能(前進時)/後方誤発進抑制機能
― 車線逸脱警報機能
― ふらつき警報機能
― 先行車発進お知らせ機能

・「G」のみ標準装備としていたアクティブスタビリティコントロール[ASC]を全グレードに標準装備、横滑りを抑え、タイヤの空転を防止することで、走行時の車両安定性を向上させます。

・坂道でブレーキペダルからアクセルペダルに踏み替える時、自動でブレーキを最大約2秒間キープするヒルスタートアシストを追加しました(除く「M(5M/T車)」)。

・周囲の明るさに合わせて自動でヘッドライトを点灯・消灯するオートライトコントロールを全グレードに標準装備、ヘッドライトのつけ忘れを防止します。

 (2)機能装備

・「みのり」に強化リヤサスペンション(4枚リーフスプリング)を標準装備し、積載時の安定性を高めました。

・デフロック非装着車にぬかるみ脱出アシスト(ブレーキLSDトラクションコントロール)を標準装備し、泥濘路などでの脱出性を高めました(除く「G(5M/T車)」、「みのり(5M/T車)」)。

 (3)エクステリア

・「G」のみに採用していたメッキフロントガーニッシュを全グレードに採用しました。

2.メーカー希望小売価格
(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録・届出等に伴う費用は含まれません)
ご参考:『ミニキャブ トラック』は、荷台フロア長2,030mmと低い荷台床面地上高650mmにより、様々な荷物を豊富に積載することができ、積み降ろしがしやすく、作業効率を大幅に高めます。また、室内幅1,310mmのゆとりある室内空間やペダル操作のしやすい広い足元空間を確保しているため運転しやすく、広いドア開口部と低いシート座面により良好な乗降性を実現しています。また最小回転半径3.6mと小回りがきくショートホイールベースで、悪路での走破性、積載時の重量バランスにも優れています。
 <『ミニキャブ トラック』車種サイトはこちら>

ご試乗希望エリアをご選択ください。