お知らせ

2022年04月21日全て 軽商用車『ミニキャブバン』『ミニキャブトラック』の燃費性能を向上 軽乗用車『タウンボックス』を一部改良

三菱自動車工業株式会社(本社:東京都港区、代表執行役社長兼最高経営責任者:加藤 隆雄、以下三菱自動車)は、軽商用車『ミニキャブバン』『ミニキャブトラック』のエンジンを改良して燃費性能を向上させたほか、軽乗用車『タウンボックス』を一部改良し、全国の系列販売会社を通じて4月21日(木)から販売を開始します。車両本体のメーカー希望小売価格は『ミニキャブバン』は1,035,100円~1,585,100円、『ミニキャブトラック』が925,100円~1,395,900円、『タウンボックス』は1,778,700~1,995,400円(消費税10%込)です。

 

1.主な改良内容
 (1)『ミニキャブバン』

・可変バルブタイミング機構を排気側にも採用するなどエンジンを改良したほか、4A/T車はアイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を採用することで、燃費性能を約10%向上させました。

・上級グレードはターボエンジン搭載の「ブラボーターボ」を廃止して自然吸気エンジン搭載の「ブラボー」を新たに設定し、ディスチャージヘッドライトの採用や新色の「クールカーキパールメタリック」を設定しています。

 (2)『ミニキャブトラック』

・可変バルブタイミング機構を排気側にも採用するなどエンジンを改良したほか、A/T車では3A/Tから4A/Tに変更し、アイドリングストップ機能「オートストップ&ゴー」を採用することで、燃費性能を約10%向上させました。

・トリイのロープフックを2ヶ所から4か所とし、作業性を向上させました。

 (3)『タウンボックス』

・上級グレード「Gスペシャル」のステアリングホイールをウレタンから本革巻きに変更して質感を向上させたほか、新色の「クールカーキパールメタリック」を設定しています。

2.メーカー希望小売価格
(リサイクル料金、保険料、消費税を除く税金、登録・届出等に伴う費用は含まれません)
ご参考:『ミニキャブバン』はワンボックスタイプの軽商用車、『ミニキャブトラック』はトラックタイプの軽商用車で、いずれも豊富な積載量と優れた積載性を実現しています。『タウンボックス』は『ミニキャブバン』をベースとした軽乗用車で、広々とした室内空間と荷室空間はそのままに、ワゴンとしての快適性を高めながら、乗員数や積載量に応じて多彩なシートアレンジを可能にしています。
<『ミニキャブバン』の車種サイトはこちら>
<『ミニキャブトラック』車種サイトはこちら>
<『タウンボックス』の車種サイトはこちら>

ご試乗希望エリアをご選択ください。